忍者ブログ

 [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

| HOME |

 IHクッキングヒーターを採用しませんか

最近の住宅はオール電化住宅が増えてきました。オール電化住宅が増えてきた理由には様々な理由があるのでしょうが、その一つに料理をする時の火に対する心配がなくなるということがあると思います。また、最近のIHクッキングヒーターの熱量はガスの熱量に引けをとらなくなってきています。たくさんの火力を必要とする中華料理でさえIHクッキングヒーターで作ることが可能となってきています。
また、IHクッキングヒーターの魅力の一つにお手入れの簡単さがあります。ガスレンジなどはどうしても五徳などの汚れやガスレンジ内部への油汚れなどが気になっていたと思います。しかしIHクッキングヒーターは原則密閉式であることから内部への油汚れは防ぐことが可能となります。このことにより、ガスレンジでいう五徳部分は平面のガラスでできていることから油汚れなどはクッキングペーパーなどで火と拭きすればすぐにキレイに掃除できます。
IHクッキングヒーターであなたも最高の料理を作ってみませんか。
PR
| TRACKBACK:0 | COMMENT:0 | HOME |

 玄関土間のタイル

玄関は家の外と内を隔てる場所ですよね。このことから当たり前ですが、玄関土間というのは下足(靴やサンダル)で歩きます。雨の日は玄関土間は濡れた靴で入ってきます。晴れた日などはホコリを玄関土間に持ち込んでしまいます。
このようなことから、玄関土間は掃除のしやすい素材で仕上げなければなりません。
玄関土間のことを【たたき】とも呼びます。この玄関土間には最近の新築住宅であればほぼ間違いなくタイルを張るのではないでしょうか。たまに玉石と呼ばれる丸い3~5センチ位のつるつるした石を埋め込むこともありますが、やはり玄関土間はタイルがほとんどでしょう。
タイルも大きさや柄などが数多くあり、選ぶにも悩んでしまいがちです。一般的に10センチ角や15センチ角のタイルを使用することが多いようです。洋風な家などテラコッタタイルと呼ばれる約30センチ角の素焼きのタイルを貼る住宅もあったりします。
玄関土間に使用するタイルで全般的にいえることは掃除がしやすく滑りにくい素材のタイルを使用するということです。
玄関土間はその家に入ってきてすぐに目に入る場所ですので、注意して素材選びはしたいものです。
| TRACKBACK:0 | COMMENT:0 | HOME |

 夢のマイホーム計画

マイホーム購入の計画はどのように立てていますか。いい年なのでそろそろ家でも造ろうかなどと安易にマイホームを建てようとしているのではないでしょうか。
もしそのような安易な考えでマイホームを建てるのであれば近い将来後悔することは目に見えているのでやめたほうが無難です。
これは何を言いたいのかというと、マイホームつくりには多額の費用が発生します。そのマイホーム費用はほとんどの人が住宅ローンを組むはずです。
月々の返済も賃貸のアパートやマンションなどより、多少高くなるでしょうし、固定資産税なども発生します。
また、持ち家になると数年おきに補修をしなければなりません。このようなことを考えると、持ち家よりも賃貸住宅にすんでいたほうが金銭面では楽なのです。
このようなことから、安易にマイホーム計画を立てるのではなく、どうして自分を含め家族のためにマイホームが必要なのか再度真剣に考える必要があるのではないでしょうか。
| TRACKBACK:0 | COMMENT:0 | HOME |
BACK| HOME |

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[04/25 Lovey]
[09/13 taka]
[08/26 合資会社 養賢杜]

最新記事

(11/15)
(11/14)
(11/02)
(10/31)
(10/30)

最新TB

(05/21)
(05/09)
(05/09)
(05/09)
(11/10)

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

(08/22)
(08/22)
(08/23)
(08/24)
(08/25)

アクセス解析