忍者ブログ

 [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

| HOME |

 住宅のサッシの色は

新築住宅を建てるときにサッシももちろん決めますよね。そのときにサッシの色についても検討されることでしょう。しかし、サッシの色には流行があり、自分の好きな色がない場合もあるでしょう。
昔のサッシといえばアルミの原色(1円玉の色)だけでした。しかし、今では様々な色のサッシがあります。さすがにパステルカラーのサッシは見当たりませんが。
最近の流行の色はステンカラーなのではないでしょうか。どのような柄の外壁にもマッチします。しかし、どちらかといえばスタイリッシュな雰囲気の住宅に似合うかもしれません。
色というのは好みがでますが、ホワイトサッシは都心部やホコリの多いような地域では避けたほうが無難かもしれません。というのも、ホワイトサッシは水あかがつきやすく、常時外部に設置されているために汚れが付着しやすいためです。くすんだホワイトサッシはちょっとげんなりしてしまうかもしれません。
和風の場合はブロンズ系のサッシがしっくりきます。色というのは本当に好みがあるのでどの色のサッシが良いとはいえませんが、参考程度にどうぞ。
PR
| TRACKBACK:1 | COMMENT:0 | HOME |

 マイホーム格安情報の裏

夢のマイホームを検討している人の中で一番気になるのはやはり、住宅建設費なのではないでしょうか。ハウスメーカーなどではローコスト住宅をうたった会社などがよくあります。坪単価25万8千円からなどと。
しかし、注意しなければならないのはローコスト住宅をうたっている会社の坪単価です。この坪単価というのは曲者で、どのような基準で算出しているのか、建築会社によって考え方が違います。
もちろん住宅建設の総額を坪数で割った金額であるのは確かなのですが、住宅建設をどの範囲で考えているのか、また、総坪数を建築面積で見ているのか、床面積で見ているかによっても違ってきます。(これはベランダ等の部屋以外の部分の坪数が含まれるか否かということです)
ローコスト住宅を作ろうと思ってローコスト住宅のハウスメーカーに建築依頼したら、結果的に普通の住宅メーカーとさほど変わらない坪単価になってしまったという話をよく聞きます。
そこで、住宅を建てる時には坪単価ではなく、総工事費をまず決定する必要があります。しかし、総工事費というのは素人には算出することは難しいでしょう。
そのようなことから、総工事費の大体の目安を紹介しましょう。まず住宅本体の工事費を約8割、その他の諸経費や雑費に2割計上してみて住宅の大きさ仕様を決定してみてください。
たとえば、自分が用意できる金額が2000万円であれば1600万円の本体価格で住宅を決めれば良いのです住宅取得には無理のない計画を立てる必要があります。
| TRACKBACK:1 | COMMENT:0 | HOME |
BACK| HOME |

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[04/25 Lovey]
[09/13 taka]
[08/26 合資会社 養賢杜]

最新記事

(11/15)
(11/14)
(11/02)
(10/31)
(10/30)

最新TB

(05/21)
(05/09)
(05/09)
(05/09)
(11/10)

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

(08/22)
(08/22)
(08/23)
(08/24)
(08/25)

アクセス解析