忍者ブログ

 [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

| HOME |

 SI住宅のマンション

しばらく前まで日本の住宅はクラッシュアンドビルドという形をとってきました。これは住宅を作る前に壊して、また住宅を作るという方法です。このような環境破壊につながるような住宅つくりをすることはこれから先はあまり無くなっていくことでしょう。
その一つに新築に限りなく近づける住宅リフォームがあります。マンションにおいてもこれからは長寿命化の流れが出てきています。
100年住宅として売り出しているマンションなどがこれにあたります。100年住宅をうたったマンションは高強度のコンクリートを使用して、給排水管や電気線などの取替えが容易な作りにしたマンションのことです。
この長寿命マンションの性能を生かすことができるのがSI住宅です。SI住宅のSはスケルトン(構造体や共用設備)とIインフィル(住戸内装や専門設備)を分離した構造を有した住宅(マンション)のことを言います。
このSI住宅は大規模なリフォームにも対応できるために住み手が代わったり内部造作材古くなったときにはオールリフォームが可能となります。
これからのマンションはSI住宅へと移行していくことでしょう。
PR
| TRACKBACK:0 | COMMENT:0 | HOME |

 大規模マンション,共用施設

大規模マンションと聞いてどのようなマンションか想像がつきますか。名前からして大きなマンションなのだろうということは誰でも想像できると思います。
しかし、大規模マンションというのはただ単に大きいだけのマンションではありません。もちろんマンション内の世帯数も多く100戸を超えることが条件となります。ただ世帯数が多いだけではなく最近の大規模マンションはまず共用施設の充実や、セキュリティー面の充実などが大きな魅力となっています。
まず、共用施設については各マンションで様々な施設があり、マンションエントランスの受付サービスや子供のいるご家庭に喜ばれるキッズルームやフィットネスクラブなど実に様々な施設が完備されているマンションが多いのが大規模マンションの特徴の一つです。
また、防犯面においてもセコムなどの警備会社との連携や有人による警備保障など実に安全面においてマンションで生活する人のことを考えています。
このような大規模マンションに暮らしてみたいと思いませんか。多少金額が通常のマンションより高めに設定されていますが、共有施設やセキュリティーを考えた場合、実は割安料金であることがあります。
| TRACKBACK:0 | COMMENT:0 | HOME |
BACK| HOME |

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[04/25 Lovey]
[09/13 taka]
[08/26 合資会社 養賢杜]

最新記事

(11/15)
(11/14)
(11/02)
(10/31)
(10/30)

最新TB

(05/21)
(05/09)
(05/09)
(05/09)
(11/10)

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

(08/22)
(08/22)
(08/23)
(08/24)
(08/25)

アクセス解析