忍者ブログ

 [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



| HOME |

 防犯型住宅

近年住宅へ浸入する泥棒が増加の一途をたどっています。住宅への一番多い浸入手口はサッシなどの開口部を壊して入る泥棒です。次が玄関などのピッキングです。
最近のサッシはペアガラスになって簡単には割れないようになってますが、普通の板ガラスを2枚重ねただけのペアガラスではさほど防犯効果があるとも思えません。そこで、防犯用合わせガラスがサッシからの浸入防ぐには効果があります。防犯用合わせガラスはガラスの内面に特殊樹脂のフィールムを張ることでガラスが簡単に割れるのを防ぐものです。そのほかに複数ロックのサッシなども登場しています。
玄関ドアに関してもピッキングによる浸入を防ぐために、高性能のディンプルキー(特殊形状の鍵)や電子ロックキーなどが採用されてきています。
ここで住宅への泥棒撃退の3原則を紹介します。
まず1番目に住宅を泥棒が入りにくい外観にしましょう。
これは泥棒が日と目に付かない場所から侵入する特性を利用したものです。住宅の開口部は道路などから見通しのよい位置に取り付け、エクステリアも開放的なオープンタイプにしたほうがよいです。また、2階ベランダなどへの侵入を防ぐため、下屋等の足場をつけないようにしましょう。
次に2番目は泥棒に狙われても浸入できない設備の住宅にしましょう。
これは先ほども述べたとおり、サッシのガラスを防犯合わせガラスにしたり、玄関ドアの鍵を防犯用のディンプルキーにすることなどです。
最後に3番目に万一の浸入でも身の安全を確保できる住宅にしましょう。
これは警報ベル、非常用ボタン、各種センサーなどの設置です。また、セコムやアルソックなどのホームセキュリティーに住宅の警備を依頼することもこれからの住宅には必須になってくるでしょう。
PR


| TRACKBACK:0 | COMMENT:0 | HOME |

COMMENT

コメントする


 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。

このエントリーへのトラックバック

BACK| HOME |NEXT

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[04/25 Lovey]
[09/13 taka]
[08/26 合資会社 養賢杜]

最新記事

(11/15)
(11/14)
(11/02)
(10/31)
(10/30)

最新TB

(05/21)
(05/09)
(05/09)
(05/09)
(11/10)

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

(08/22)
(08/22)
(08/23)
(08/24)
(08/25)

アクセス解析