忍者ブログ

 [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



| HOME |

 グレーチングフロアで開放空間

住宅のベランダはどうしても雨漏れの心配から防水処理をしなければならないという固定観念があるのではないでしょうか。
確かに後付ベランダにおいても接合ボルト部分などの防水処理を施さなくてはなりません。
住宅と一体型の従来のベランダの場合床を構造用合板+ケイカル板+コンパネなどで施工しその上にFRPなどの防水処理を施すことが一般的です。
このような防水処理をした場合もちろん床面は完全にふさがれてしまい、下部は見ることはできません。
しかし、トステムが発売しているグレーチングフロアの場合アルミ製ベランダにそのままグレーチングフロアを乗せるために一階部分にも光を届けることができます。
グレーチングフロアは上部面は目が細かく(23mm角)安全性に寄与し、底部は光を存分に取り入れるためにやや大きめのマス(53mm角)になっています。
ベランダを作ったことで一階部分の日当たりが悪くなることが気になる人にはグレーチングフロアを用いたベランダの設置をお勧めします。
PR


| TRACKBACK:0 | COMMENT:0 | HOME |

COMMENT

コメントする


 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。

このエントリーへのトラックバック

BACK| HOME |NEXT

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[04/25 Lovey]
[09/13 taka]
[08/26 合資会社 養賢杜]

最新記事

(11/15)
(11/14)
(11/02)
(10/31)
(10/30)

最新TB

(05/21)
(05/09)
(05/09)
(05/09)
(11/10)

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

(08/22)
(08/22)
(08/23)
(08/24)
(08/25)

アクセス解析